会長挨拶

会長

 日頃より当学会の活動にご理解とご協力を賜りまして、誠にありがとうございます。日本薬局学会は、一般社団法人 日本保険薬局協会が主催しておりました「ファーマシーフォーラム」を運営し、保険薬局という医療現場を主眼に置いた研究活動をより推進、深耕するため、2007年に発足いたしました。

 日本薬局学会は、薬局の従事者、医療従事者、患者の立場に立った薬局の機能およびサービスに係わる調査研究・評価などを行うこと、ならびに同活動を通じて薬局機能およびサービスの育成と向上を図り、ひいては国民の医療の質および健康の向上に寄与することを目的として掲げております。

 当学会の設立を機に、ファーマシーフォーラムは日本薬局学会学術総会と名を改め、多くの方々によるご尽力をいただいて2016年に第10回という節目を迎えました。回を重ねるごとに充実した学術大会に発展していることを実感いたしております。

 保険薬局業界を取り巻く環境の変化は、目に見えて加速しております。超高齢社会を迎えた日本を支える地域包括ケアシステム構築が急がれる中、薬局ならびに薬剤師にも更なる進化が求められ、新たな役割を果たすことが期待されています。また医療技術の高度化・複雑化に対応して、薬剤師は薬物療法の専門家としての知識をよりいっそう高め、その職能を十分に発揮することで治療の質向上に貢献していく必要があります。

 当学会は、医療人たる薬剤師の生涯教育を支えるとともに、個々の経験・知見を共有し、公共の知恵を創出することにより、国民の皆さまからの信頼と満足が得られる保険薬局を実現することができるものと確信しております。

 保険薬局は、世界に冠たる国民皆保険制度のもと、患者は元より医療機関や製薬会社、流通を担う卸業者、行政および地域自治体など、様々な関係者のご協力と支えを受けて初めて運営が成り立つものであります。社会の中の薬局・薬剤師として常に広い視野を持ち、多方面との連携を築き、強めていかなくてはなりません。

 当学会は薬局薬剤師をはじめとした保険薬局の従事者を主軸に、医療に携わる関係者の皆さまにもご参与いただき、相互に高め合うことができる開かれた学術の場となることを目指し、既存の枠に捉われない活動を推進してまいります。関係の皆さまのご指導、ご鞭撻のほどを心よりお願い申し上げますとともに、会員の皆さまのご協力をお願い申し上げます。

日本薬局学会
会長 南野 利久
株式会社メディカル一光